これだけは欠かせない 中古車査定の基礎知識
中古車査定時のコツ
故障車の査定
中古車の販売の定義には、修復歴のある車という定義があり、一度大きな事故を起こして修復をしただけでその買い取り価格は大きく下がってしまう。しかし、買い取ってもらいる事には間違いない。では事故や経年などで完全に走れなくなってしまった車は査定に出す事ができるのだろうか。
車の修理となると、古い車であればあるほど業者から新車の購入を勧められる。修理費用が高額な上に、修理をしてもその後どれくらい走るか保証ができないからだ。しかし、廃車にするのにも様々な費用がかかる事も事実である。
では、故障してしまった車を1円でもいいから買い取ってもらえればどれほど楽な事だろう。
実は、深刻なダメージがあり走れなくなってしまった故障車でも買い取ってくれる業者は存在するのだ。特に海外では日本の自動車の評価は高く、自動車の安全基準の緩い国などでは修理をして販売されるケースも多いという。また、日本の自動車は高性能なエンジンや、一部のパーツだけでも十分な価値があり、事故車を買い取ってパーツ取りをするという事も多いようである。
日本の中古車販売店でも修理が可能であれば修理をして販売をおこなっている業者もあるようなので、まずは一括見積もりにかけて一社でも多く問い合わせてみる事が重要だ。
自動車を廃車にする場合、様々な費用がかかってくるが、中古車として買取が成立すれば、お金が支払われるだけでなく、一部の保険や自動車税などが返還される場合もあるので是非とも、もう動かないからとあきらめずに査定に出してみてほしい。