これだけは欠かせない 中古車査定の基礎知識
中古車購入時の注意点
相場より明らかに安い車は注意
先ほども少しだけ述べたが、中古車販売店も商売でやっているため、利益を十分に考慮した上で、様々な実勢価格や相場から中古車の値段を導きだしている。つまり、いくら大放出やセールと謳っていても相場よりも明らかに値段が安いということはまずあり得ないのだ。市場で同等年式、走行距離、仕様や状態から考えて破格の値段で販売されている中古車があった場合には安易に飛びついてはいけない。販売店側の立場から考えても、同等スペックで他社より圧倒的に安く販売するメリットはないのである。つまり安いものには何か分けがあると考えて間違いはない。事故や修復歴がないとしても車内で所有者が自殺した車であったり、小さな子供を車体に挟んで殺害してしまったが、特に車体にはキズは付かなかったなどのいわく付きにより安く販売されているということも万が一考えられるのである。
また、外観は全く綺麗で問題ないとしても、水没した車という可能性もある。そのような場合、購入後すぐには問題なくとも時間が経ってから不具合が出るケースもある。このような不具合は、ぱっと見ではわからないため、業者側が何も言わない場合発覚しないことが多いし、販売店側も前ユーザーの事実を十分に把握していないことも多い。このような中古車をつかまされてはたまったものではないので破格の車には十分に注意するべきなのである。
得したと思った買い物が実は大損ということにもなりかねないため、販売者側の納得のいく説明が得られない場合、リスクを考えるとこのようなものには手を出さないのが一番である。